ブラックフォーマルのマナー

>

ブラックフォーマルの基本

バッグ

喪の際のバッグにはいくつかのマナーがあるそうです。

まず、素材ですが、できれば布製が一番良いようです。
結婚式と弔事と両方使えるバッグは便利ですが、弔事の際はその中でも光沢のない布製で、金具のないものが良いそうです。
最近では、革製品のバッグを持つ方も多いそうですが、できるだけブランドのロゴや光沢のないものを選ぶと良いようです。

サイズですが、弔事の席ではいろいろと持ち物が増えてしまいがちですが、バッグは小ぶりなものにして、どうしても入りきらない場合は黒色のサブバッグを一緒に持つと便利です。
こういったサブバッグなどは、デパートなどのブラックフォーマル売り場やインターネットの喪服サイトなどで見つけることが出来ます。

ブラックフォーマルの際の靴はどんなものを選べばよいのでしょうか?

弔事の際の靴は黒色、そして、出来れば布製、革であっても光沢の少ないあまり派手ではないデザインのものが良いようです。

歩いたり、長時間立っていたり、また人前にでることもあるため、あまり歩きにくい高いヒールなどは好まれないと思います。
ヒールは3センチから5センチくらいで、歩くときに音があまりしないものだと安心です。

こういった靴も、靴屋さんはもちろんデパートなどの専用の売り場、通販を利用することで購入することができます。
いざという時に、喪服やバッグそして靴も急いで買いに行くとなると負担になるため、前もって普段から準備しておいても良いですね。


この記事をシェアする